Q:料理上手になるにはコツを覚えればいいのかしら?

テレビの料理番組を見ていると、コツを教えて下さいとか、どこがコツなんですかとおっしゃる方が、確かに沢山いらっしゃいますね。


しかし、よく考えてみて下さい。
毎日、私たちがいただく食事に使われる「食材」のすべてが、自然の恵みであることを。


太陽の力、大地の力、海の力、川の力、湖や沼の力、地球を取り巻く大気の力、そしてその土地土地の気候、これらの力によって、私たちが毎日いただく「食材」が作られて行くのです。
ですから、どんな食材の場合でも、どのように調理したら美味しくなるかは、自然の恵みである食材から教えてもらう、これが正しいあり方なのです。


私が若い時、東京の一流ホテルの有名な総料理長から言われた言葉があります。
「料理人にも、超一流から駆け出しまでいるけれど、一流になればなるほど、そして超一流に近づけば近づくほど、食材に向き合う姿勢は謙虚になるものなんだよ。この食材をどう扱えば、どう調理すれば素晴らしい料理になるかは、目の前にある食材から聴くんだよ。」
「目の前の食材をどう調理するか、ここでは人間のわがままは通用しないのだよ。」


この時に聞いたこの言葉は、私は生涯忘れません。
まさに、目からうろこでした。
納得させられました。


自然の恵みである、目の前の食材から教わるしか方法はないのですね。
ですから、料理、調理は「自然科学」そのものと言えます。
料理は、自然の理(ことわり)を料(はかる)という意味ですし、
調理は、自然の理(ことわり)を調べるという意味です。
自然の恵みである食材から、それぞれの食材の理(ことわり)を教しえられることで、最適な扱い方(調理法)が分かるのですね。


今日でもまだまだ、優れた感性の持ち主は、食材からいろいろと教わりながら、新しい調理法を見つけ続けています。
謙虚で、食材から教わる感度が鋭敏で、教わったことを実現する優れた技術の持ち主が優れた料理人ということになります。
しかし、これはプロの世界に限ったことではありません。
家庭の料理上手、料理名人にも言えることです。


皆さん、全ての食材を、目でしっかり観ましょう、手で触って手でも感じましょう、匂いを嗅いでみましょう、私たちが持っている五感の全てを動員し、しっかり感じましょう。


自然の恵みである食材と、素直な気持ちで向き合って、どのように調理されたがっているのか、しっかりと感じましょう。
自然は偉大です。
自然から、しっかりと教わりましょう、自然を十分に感じましょう。


そして、私たち人間も、偉大なる自然が生み出した存在であることを、感謝しながら受け止めてみませんか。

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡山晄生

Author:岡山晄生
--Okayama Akio----------
株式会社リバーライト代表
調理道具研究家・家庭料理アドバイザーとして講演・執筆活動なども行なっている。著書に『料理のきほん食の常識』(グラフ社)等


料理の基本/食の常識
アマゾンにて取扱い

リンク